一間

 « 一間 | 

そうですね。私も建築を学んできましたが、実際にお客様のお部屋を探すとなると教科書に書いてあるような模範的なものだけでないんですよね。それぞれ理想とする住まいは異なる為、それにピッタリあった物件を見つけ出すのは大変な事だけど、とてもやりがいはあると感じております。
しりとりは『い』ということで『一間』。

一間は「いっけん」と読みます。古くから建築の長さの単位として使われてきました。
一間は6尺となりますが、さて1尺ってなんだっけ・・・?1尺をメートル法に直すと約303mm。よって一間をメートル法で表すと1820mmとなりますね。
この1820mm(もしくは半間と呼ばれる3尺=910mm)というのが、現在の建物の基準となっております。畳(横の長さ)やふすま2枚分の長さが1820mmとなっているため、設計図の寸法は1820mm(910mm)間隔で取っていきます。

次は・・・と言いたいところですが、今回のしりとりで『ん』がついてしまった為にこれでおしまいです。

金丸さんにはお忙しい中、約1年間ブログにお付き合い頂き心より感謝致しております。また、毎回画像を挿入して明るいブログにして下さった若菜さん、本当にありがとうございました。

次はどんなブログにしようか検討中ですが、引き続き建築に関われたらいいなと思っております。

Japanese traditional style house / 古今伝授の間(こきんでんじゅのま)
Japanese traditional style house / 古今伝授の間(こきんでんじゅのま) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)

 
By , 2012年3月27日

住まい

 « 住まい |  »

最近ではルーメンで表記されているLED電球が多いですね。あくまでもどれだけの光が出ているかを示すのがルーメン。照明器具は使用される環境で人が感じる明るさが変化しますから、ルクスはあまりあてにならない。さて、『ス』ということで、『住まい』で。

住まいは、私の好きな言葉です。
大学から建築をずっと勉強してきて、空間だの構造だの施工だの技術的なことばかり勉強してきました。でも、社会に出てみると建築という言葉よりも、「住まい」というあいまいな言葉の重要性に気づきました。建築とは遠い存在だけど、住まいはすごく身近な存在。技術には正解がある。でも、住まいには人の数だけ正解がある。自分にとって当たり前の住まいが、他の人には違う。そんなギャップを感じながら人と人が繋がっていくのが、住まいの仕事。住まいの仕事は、大変なことも多いけど、面白い。

次は『住まい』の『い』です。

路地のLED電球 / kaidouminato

 
By , 2012年3月21日

ルクス(と、ルーメン)

 « ルクス(と、ルーメン) |  »

「塚本由晴さん」。どこかで聞いたことがあると調べていたら・・・当社でも扱っているハスネワールドアパートメントを設計された建築家さんだったのですね。設計事務所にいたとき何度かお名前を聞いた気がします。
ちなみに私の好きな建築家さんは「手塚貴晴,手塚由比さん」。いつかうんちくでも紹介出来ればいいなぁ。ということで、しりとりは『ルクス』。

ルーメンでもよかったのですが「ん」ですしねぇ・・・。せっかくなので、「ルクス」と「ルーメン」の違いについて説明します。
ルクスもルーメンもどちらも明るさの単位です。ですが、明るさの指している場所が異なります。うーん・・・どうゆことだ?
照明器具から発せられる明るさの単位が「ルーメン」、光で照らされている面の明るさの単位が「ルクス」。
どんな違いがあるかというと同じ明るさの照明器具(ルーメン)でもお部屋の広さなどにより光が当たる量が異なる為にルクスの値が変わります。(同じ条件下でしたら照明器具のスペックによりルーメンの値が変わります。)
ですので、照明器具の明るさを知りたい場合はルーメン、光が当たっている部分の光の強さを知りたい場合はルクスと覚えればいいのではないかと・・・・・・。すみません、自身がないです。

長くなりましたが、次は『ルクス』の『ス』です。

 
工事中
工事中 / tablexxnx

 
By , 2012年3月14日

塚本由晴

 « 塚本由晴 |  »

先日、朝に髪をブラシでとぐしていたら、髪の毛があまりにも剛毛でブラシが根元から折れた。ブラシが折れるなんて想像していなかったので、朝からかなりビックリ事件。そんなどうでもいい話は置いといて、『つ』ということで、『塚本由晴』で。

日本の建築家。建築家ユニットのアトリエ・ワンとして活動している。
僕が大学生のときに活躍をしていて(いまも活躍しています)、講演会やトークショーにもよく行きました。 街に溢れている建物を観察して、普通の中にある普遍的な美しさや魅力を引き出すことをしている。建物もすごく特徴的で、その図面表現も独特ですごく好きな建築家のひとり。

つぎは『塚本由晴』の『る』です。

 

WindowScape 窓のふるまい学

 
By , 2012年3月7日

特定建築物

 « 特定建築物 |  »

なるほど。イニシャルコストを削ると後々ランニングコストとして負担が押し寄せてくるのですね。だからといって初期費用はなるべく抑えたい・・・はい、プロによく相談しましょう。
ということで、しりとりは『ト』ということで『特定建築物』。久しぶりに法規を目にすると頭がくらくらしてきます。

特定建築物については、建築基準法にて定められております。
まず、第一条件にて「屋根及び壁or柱がある土地に定着する工作物」であること。第二条件として「特定の用途に利用される建築物」であること。(例:図書館や学校、集会場など) 最後に「特定用途に利用される部分の延べ面積が3000m2以上」である。(※学校の用途に利用される建築物は8000m2以上) これらの条件を全て満たした物を特定建築物といいます。
他にも『特定○○』とつく建築用賀はいくつもあるので、そちらはまたの機会に。(今度『と』が回ってきても、しばらくはネタに困らない。笑)

次は『特定建築物』の『つ』です。

 

特定建築物の例(東京都庁)

 
By , 2012年2月29日

イニシャルコスト

 « イニシャルコスト |  »

私が働いている三菱地所ホームでは、アフターサービスとして、「長期50年保証」をやっています。建物すべてではなく、構造躯体の保証なんだけど、いいものをつくっているからこそできる50年保証。さて、『い』ということで、『イニシャルコスト』で。

機器や設備などを導入する際にかかる費用のこと。対義語はランニングコスト。
イニシャルコストをかけないで家づくりをした結果、ランニングコスト(電気ガス水道代や補修費など)がかかりすぎてしまい、結局は損するということはよくある話。家づくりは、住んでからのことも考えて、イニシャルコストとランニングコストのバランスをよく考えましょう。ちなみに三菱地所ホームの全館空調「エアロテック」は、イニシャルコストはかかりますが、個別エアコンのランニングコストよりもかなりお得なんです。

つぎは、『イニシャルコスト』の『ト』です。

エアロテック

 
By , 2012年2月22日

筋かい

 « 筋かい |  »

さすがハウスメーカー勤務の金丸さん!今度ぜひハウスメーカーでの業務内容・アフターサービスについて現場の声を聞かせて下さい。
しりとりは『ス』ということで『筋かい』について。

土台、柱・桁などを組んでいくと枠組みだけ出来ますが、それでは地震や風圧などで水平に力が働いた際に変形してしまいます。ですので、どの方向からの水平力に対しても抵抗出来るように「筋かい」と呼ばれる斜めの部材を配置します。
私は木造では組んだことがありませんが、実際に鉄骨造や足場を組んだ時にも筋かいを配置するだけでガッチリと固まって安定するんですよね。

つぎは『筋かい』の『い』です。

 

 
By , 2012年2月15日

アフターサービス

 « アフターサービス |  »

ルームシェアもいいかと思うけど、実際にはなかなか難しいと思う。やっぱりプライベートな空間は大事だと思う。さて、『あ』ということで、『アスターサービス』で。

建築はクレーム産業と言われるぐらいだから、アフターサービスはすごく大切。地元の工務店に建ててもらうと工事費は安価かもしれないけど、アフターサービスが充実していないと後でもっとお金がかかることも。アフターサービスをしっかりとやっている工務店・ハウスメーカーを選ぶことも価格よりも重要なことだと思います。

つぎは『アフターサービス』の『ス』です。

 

 
By , 2012年2月8日

ルームシェア

 « ルームシェア |  »

私は体質により日本酒が飲めないのですが、ご飯や雰囲気を楽しむだけでも行く価値ありますよね!
オープン日の夜は大雪でしたが、皆様無事に帰れましたでしょうか?

しりとりは『ル』ということで、『ルームシェア』にいたします。

最近はドラマや漫画でよく見かけるルームシェア。欧米では多く見られる住居形態ですが、なぜ日本ではあまり浸透されないのでしょうか?
日本人の性格上、赤の他人と住むのは向いていないのもあるのですが、ルームシェアを許可できる物件が数少ないことが第一の原因といわれています。大家さん側からしたら同棲も含めて、誰かが欠けたとき家賃が振り込まれないのではないか、他人同士で住んでいたらトラブルがおきるのではないか・・・などなど安定志向を臨む大家からしたら、それなら別のお客さんに貸したいと思うはずです。
ルームシェアには防犯性や初期費用・賃料が抑えられる等メリットもたくさんあります。マナーを守ってきちんと住める人が増えれば、10年後には日本でも当たり前になっているかも知れませんね。

次は『ルームシェア』の『ア』です。

大人のためのシェアハウス案内

 
By , 2012年2月1日

カーテンウォール

 « カーテンウォール |  »

昨日はおいしい日本酒を飲みすぎました。荏原中延駅においしい日本酒のお店がオープンしました。
名前は、「かもすや酒店」。荏原中延駅改札を出て、右側の牛丼吉野家さんの2階のお店です。
日本全国各地のお酒、日本酒に良く合う食事、オシャレな空間を満喫できます。

さて、しりとりですが『か』ということで、『カーテンウォール』で。

カーテンウォール と は、建築構造上取り外し可能な壁であり、建物の自重および建物の荷重はすべて柱、梁、床、屋根等で支え、建物の荷重を直接負担しない壁のこと。
1950年代にはアメリカのオフィスビルに採用されていた。あのワールドトレードセンターもカーテンウォール。個人的に好きなカーテンウォールの建物は、ミース・ファン・デル・ローエの「シーグラムビル」かな。

つぎは『カーテンウォール』の『ル』です。

 

シーグラムビル

 
By , 2012年1月25日

Staypressed theme by Themocracy