インテリアコーディネーター

« インテリアコーディネーター |  »

『い』といえば、『インテリアコーディネーター』。

インテリアコーディネーターとは、インテリアエレメントの流通過程において消費者に対して商品選択とインテリアの総合的な構成等について、適切な助言と提案を行なう人の事を指します。
※インテリアエレメント:天井・壁・床などの内装の他に、カーテンやカーペット・照明などのインテリアを構成する要素のこと。
インテリアコーディネーターは人と接するお仕事なので、建築に関する知識がありインテリアに詳しいだけではなく、交渉力や協調性、コミュニケーション能力も必要となってきます。
インテリアコーディネーターの試験は年齢や学歴は問われませんし、やはりカッコイイという憧れる人が多く競争率はとても高いです。更に膨大な知識が必要となりますので試験の合格率は例年20%台とかなりの難易度なんです。
接客・対人スキルを兼ね備えなければならない上に難しい試験をクリアする為めげずに勉強ができる人、ようは生涯をかけてインテリアを勉強していくぐらいの意志をもっている人でないとなれないのかもしれません。

それでは次はインテリアコーディネーターの『タ』。

By , 2011年5月30日

Comments are closed.

Staypressed theme by Themocracy