請負契約

« 請負契約 |  »

『う』ということで、『請負契約』。

請負人がある仕事を完成することを約束し、注文者がその仕事の結果に対して報酬を支払うこと。
建築工事での請負契約で、一般的な個人住宅の場合は、着工時1/3、上棟時1/3、竣工時1/3を施主(注文者)が工務店(請負人)に支払うことが通例となっている。
ときどきお金がない施主の場合、着工時1/5、竣工時4/5という支払になることもある。でも、その場合は、建築工事を請け負う工務店側は、竣工時にお金が入るまで自腹を切ることになり、その担保として、工事費が高くなることがある。
施主と工務店がお互いに気持ちよく家づくりができるように、支払い条件は、「1/3、1/3、1/3」にしたほうがいいですよね。

次は 請負契約の『く』。

 

By , 2011年6月2日

Comments are closed.

Staypressed theme by Themocracy