墨出し

« 墨出し |  »

クリスモスという用語ははじめて聞きました。今では当たり前の椅子だけど、ギリシャ時代にはじめて登場した時は、センセーショナルだったんだろうなぁ。
おっと、しりとりの続きだね。『ス』だから、ここは日本建築うんちくしりとり協会のシンボルである「墨つぼ」と関係の深い『墨出し』だ。

工事現場に柱や壁の位置などを示すために、大工さんが墨つぼを使って表示する作業。
木造の住宅だと、ほとんど大工の棟梁が墨出しを行うけど、大規模な建築工事になると、墨出し専門の職人がいて、他の職人さんがいると墨出しに邪魔だから、朝早くきて、墨出し作業を行う。 そして、すぐに撤収する。
個人的には、CADで図面を書くよりも、墨つぼで現場で墨出しする方が、断然に面白い。

つぎは、墨出しの『し』だね。

By , 2011年6月4日

Comments are closed.

Staypressed theme by Themocracy