土工事

« 土工事 |  »

ブラインドがあるだけでシャープな印象が与えられますよね。ブラインドの隙間から入ってきた光と陰の陰影とかかっこいい!!
ということでブラインドの『ド』ですね。現場ではおなじみの『土工事』はいかがでしょう。

土工事とは簡単に言いますと、大きな機械で土を動かすことですかね。ちなみに、それを行う職人さんは土工さんといいます。
土工事は建築物の基礎を作るために土を動かしたり戻したりすること全般をいいます。
細かく説明するとまずは【根切り】。これは構造物の基礎を作るために土を深くまで掘ることです。その根切りの後に基礎を作って余った部分や床の部分に、再度掘った後の土で埋めることを【埋め戻し】といいます。その埋め戻しが終わった後、土を均等にして地盤が沈んでいかないようにローラーでならします。これを【締め固め】といいます。このような作業をまとめて土工事といいます。
建築を勉強するまでは、現場のバックホウやブルドーザーをみても無駄に土を掘ったり埋めたりしていて何の意味があるのだろうか・・・とずっと思っていたけど、建物の基礎を作る大事な作業だったと知ってからは視点が大きく変わりました。

それでは次は土工事の『じ』です!

Backhoe
Backhoe / Brett Hammond

By , 2011年6月28日

Comments are closed.

Staypressed theme by Themocracy