延べ面積

« 延べ面積 |  »

都会だと隣地の建物との距離がごくわずかだから建てる方も近くの方も大変ですよね・・・
しりとりですが初登場の『の』ですね!それでは『延べ面積』です。

延べ面積とはなんの面積なのでしょうか。延べ面積とは、建物の階数ごとの床面積の合計のことです。
この各階の床面積というのは、階数や大きさに関係なく全ての床面積をいれるので地階やペントハウス等も算入します。
その床面積からは除外できる物がいくつか法規で決められています。共同住宅では共用部分(廊下や階段)や駐車場や地下階も一定の範囲で除外対象となります。
延べ面積の計算は各階の床面積を足し算していくだけで算出できるので簡単ですが、この算出した延べ面積は容積率の計算等に必要になってきますので、とても大事です。
(容積率は建物の敷地面積に対しての延べ面積の割合をいいます。)
このように建物の面積等を計算していくのは、条件によって法規に定められた計算方法をしなければならないので結構大変です。

それでは次も初登場。延べ面積の『き』ですよ!

kennard_res_30-1_copykennard_res_30-1_copy / Cushing Memorial Library and Archives, Texas A&M
By , 2011年7月9日

Comments are closed.

Staypressed theme by Themocracy