木ごて

« 木ごて |  »

むむっ、『き』は以前にも出てきたよな・・・。そうそう、切妻屋根でしたね。僕のほうは、どんどん初登場単語を出し続けますよ。『き』ということで、『木ごて』にします。

木製のこて。壁面、土間などを平らに均一にならすための道具。捨てコンなどの下地となる部分にもよく使われる。
こては大きく分けて2種類あり、木ごてと金ごて。鉄筋コンクリートの建物では、コンクリート打設時に必ず土間屋さんがいて、コンクリート・スラブのキレイに均してくれる。木ごて仕上げと金ごて仕上げでは、施工単価が異なる。金ごて仕上げのほうが高い。最上階以外のコンクリート・スラブでは、木ごて仕上げとして、最上階の防水下地となる部分は、金ごてでキレイに均す。そうしないと、最上階スラブにクラックがおこり、雨漏れの原因となる可能性がある。

つぎは『木ごて』の『て』です。

By , 2011年7月11日

Comments are closed.

Staypressed theme by Themocracy