垂木(たるき)

« 垂木(たるき) |  »

建築現場を見に行くと結構簡単に作っているように見えますが、かなり正確に計測しているんですね。遣り方は、「水盛り遣り方」ともいい、水準器がなかった頃は透明なチューブに水を入れて水平を出していたそうです。

mizumori

家づくりを応援する情報サイト」より

さて、「遣り方」の『た』ということで、今回は『垂木(たるき)』で。

垂木とは、屋根の野地板をはるために斜めに取り付けられた構造材のことです。表に出さない垂木を野垂木、表に出された垂木を化粧垂木という。

藁葺屋根の場合は竹が用いられるため垂木竹という。社寺建築では、装飾的な意味をもつ「尾垂木」「地垂木」「飛檐垂木(ひえんたるき)」がある。(参考: 深くて軽快な軒)

Taylor-8
Taylor-8 / E & H Baxendale Ltd

ちなみに、舞台美術(大道具)では舞台装置(パネル)を作る時に使う30mm×40mmの木材全般をと垂木と呼びます。関西ではこの垂木を「寸角」と呼び30mm×30mmの木材をつかいます。

それでは、「垂木(たるき)」の『き』でお願いします。

By , 2011年8月16日

Comments are closed.

Staypressed theme by Themocracy