凝結促進・遅延剤

« 凝結促進・遅延剤 |  »

ひさびさの濁音ですね。『ぎ』はなかなか良い建築用語が無い。ちょっとマニアックな建築材料用語の『凝結促進・遅延剤』で。

ワーカビリティ(打設作業のしやすさ)改善や強度・耐久性の向上、凝結速度の調整などを目的としてコンクリートに混和される薬剤のひとつ。
凝結促進剤は、寒冷地でのコンクリート工事に用いて、コンクリートの凝結を早める。また逆の作用の凝結遅延剤は、夏季によるコンクリートの凝結を遅らせる働きがある。戸建住宅のコンクリート工事の場合は、ほとんど使うことは無かった。夏季は、確かにコンクリートの凝結は早い。でも、そのような材料に頼らずに、打設前の段取りをしっかりと行い、打設中は職人へ的確に指示ができれば、いいコンクリートはつくれます。

つぎは『凝結促進・遅延剤』の『い』です。

By , 2011年8月22日

Comments are closed.

Staypressed theme by Themocracy