チャールズ・レニー・マッキントッシュ

« チャールズ・レニー・マッキントッシュ |  »

イサム・ノグチの作品は好きですね。特に和紙を使った繊細な照明器具には日本人の心を感じます。さて、『ち』ということで、『チャールズ・レニー・マッキントッシュ』で。

スコットランド建築家。植物の曲線的な美しさを表現したアール・ルーボーを提唱した人のひとり。
建築家だけれども、あまり多くの建築作品を残していない。彼が設計したヒルハウスという建築物に置かれている椅子のほうが彼をもっとも有名にさせたといっても過言ではない。その名も「ハイバックチェア」。背もたれが以上に長い。でも、そのバランスが美しい。大学の美術の授業でハイバックチェアを写生したが、その美しいバランスを書き写すのは至難の業だった思い出があります。

次は『チャールズ・レニー・マッキントッシュ』の『ユ』です。

By , 2011年11月11日

Comments are closed.

Staypressed theme by Themocracy