UD(ユニバーサルデザイン)

« UD(ユニバーサルデザイン) |  »

ハイバックチェアは別名「ラダーバックチェア」。「ラダー」とはハシゴを意味しており、ハシゴを背にするというのは斬新な発想だと思います。
しりとりは『ユ』ということで、『UD』です。読み方はユニバーサルデザインですが、しりとりの都合上「ユーディー」で!

ユニバーサルデザインとは、1975年頃にアメリカの研究者であるロン・メイス によって提案された概念。
UDに似た用語でBF(バリアフリー)があります。BFが対象としているのは、車いすの使用者や視覚・知覚障害者で、身体に障害を持つ方に障害がないデザインのことです。
しかし、UDは障害があるなし関係なく、健常者・お年寄り・子供まど誰にとっても分かりやすく・使いやすい設計をされたデザインを目指しました。
ロン・メイス自身、足に重度の障害があり車いすを使用していました。そういった経験から、バリアフリーの障害を排除するだけで「高い・デザイン性がない」といった問題に直面し、誰にでも使える事を目的したユニバーサルデザインが生まれたと言われています。
現在当たり前になった温水洗浄便座も元は障害者向けで開発されていたが、誰が使っても便利ということで普及されたそうです。

次は『UD』の『イ』です。

Toilet
Toilet / Tezzca

By , 2011年11月15日

Comments are closed.

Staypressed theme by Themocracy