Category: 計画系

一間

« 一間 | 

そうですね。私も建築を学んできましたが、実際にお客様のお部屋を探すとなると教科書に書いてあるような模範的なものだけでないんですよね。それぞれ理想とする住まいは異なる為、それにピッタリあった物件を見つけ出すのは大変な事だけど、とてもやりがいはあると感じております。
しりとりは『い』ということで『一間』。

一間は「いっけん」と読みます。古くから建築の長さの単位として使われてきました。
一間は6尺となりますが、さて1尺ってなんだっけ・・・?1尺をメートル法に直すと約303mm。よって一間をメートル法で表すと1820mmとなりますね。
この1820mm(もしくは半間と呼ばれる3尺=910mm)というのが、現在の建物の基準となっております。畳(横の長さ)やふすま2枚分の長さが1820mmとなっているため、設計図の寸法は1820mm(910mm)間隔で取っていきます。

次は・・・と言いたいところですが、今回のしりとりで『ん』がついてしまった為にこれでおしまいです。

金丸さんにはお忙しい中、約1年間ブログにお付き合い頂き心より感謝致しております。また、毎回画像を挿入して明るいブログにして下さった若菜さん、本当にありがとうございました。

次はどんなブログにしようか検討中ですが、引き続き建築に関われたらいいなと思っております。

Japanese traditional style house / 古今伝授の間(こきんでんじゅのま)
Japanese traditional style house / 古今伝授の間(こきんでんじゅのま) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)

By , 2012年3月27日

住まい

« 住まい |  »

最近ではルーメンで表記されているLED電球が多いですね。あくまでもどれだけの光が出ているかを示すのがルーメン。照明器具は使用される環境で人が感じる明るさが変化しますから、ルクスはあまりあてにならない。さて、『ス』ということで、『住まい』で。

住まいは、私の好きな言葉です。
大学から建築をずっと勉強してきて、空間だの構造だの施工だの技術的なことばかり勉強してきました。でも、社会に出てみると建築という言葉よりも、「住まい」というあいまいな言葉の重要性に気づきました。建築とは遠い存在だけど、住まいはすごく身近な存在。技術には正解がある。でも、住まいには人の数だけ正解がある。自分にとって当たり前の住まいが、他の人には違う。そんなギャップを感じながら人と人が繋がっていくのが、住まいの仕事。住まいの仕事は、大変なことも多いけど、面白い。

次は『住まい』の『い』です。

路地のLED電球 / kaidouminato

By , 2012年3月21日

ルクス(と、ルーメン)

« ルクス(と、ルーメン) |  »

「塚本由晴さん」。どこかで聞いたことがあると調べていたら・・・当社でも扱っているハスネワールドアパートメントを設計された建築家さんだったのですね。設計事務所にいたとき何度かお名前を聞いた気がします。
ちなみに私の好きな建築家さんは「手塚貴晴,手塚由比さん」。いつかうんちくでも紹介出来ればいいなぁ。ということで、しりとりは『ルクス』。

ルーメンでもよかったのですが「ん」ですしねぇ・・・。せっかくなので、「ルクス」と「ルーメン」の違いについて説明します。
ルクスもルーメンもどちらも明るさの単位です。ですが、明るさの指している場所が異なります。うーん・・・どうゆことだ?
照明器具から発せられる明るさの単位が「ルーメン」、光で照らされている面の明るさの単位が「ルクス」。
どんな違いがあるかというと同じ明るさの照明器具(ルーメン)でもお部屋の広さなどにより光が当たる量が異なる為にルクスの値が変わります。(同じ条件下でしたら照明器具のスペックによりルーメンの値が変わります。)
ですので、照明器具の明るさを知りたい場合はルーメン、光が当たっている部分の光の強さを知りたい場合はルクスと覚えればいいのではないかと・・・・・・。すみません、自身がないです。

長くなりましたが、次は『ルクス』の『ス』です。

 
工事中
工事中 / tablexxnx

By , 2012年3月14日

イニシャルコスト

« イニシャルコスト |  »

私が働いている三菱地所ホームでは、アフターサービスとして、「長期50年保証」をやっています。建物すべてではなく、構造躯体の保証なんだけど、いいものをつくっているからこそできる50年保証。さて、『い』ということで、『イニシャルコスト』で。

機器や設備などを導入する際にかかる費用のこと。対義語はランニングコスト。
イニシャルコストをかけないで家づくりをした結果、ランニングコスト(電気ガス水道代や補修費など)がかかりすぎてしまい、結局は損するということはよくある話。家づくりは、住んでからのことも考えて、イニシャルコストとランニングコストのバランスをよく考えましょう。ちなみに三菱地所ホームの全館空調「エアロテック」は、イニシャルコストはかかりますが、個別エアコンのランニングコストよりもかなりお得なんです。

つぎは、『イニシャルコスト』の『ト』です。

エアロテック

By , 2012年2月22日

アフターサービス

« アフターサービス |  »

ルームシェアもいいかと思うけど、実際にはなかなか難しいと思う。やっぱりプライベートな空間は大事だと思う。さて、『あ』ということで、『アスターサービス』で。

建築はクレーム産業と言われるぐらいだから、アフターサービスはすごく大切。地元の工務店に建ててもらうと工事費は安価かもしれないけど、アフターサービスが充実していないと後でもっとお金がかかることも。アフターサービスをしっかりとやっている工務店・ハウスメーカーを選ぶことも価格よりも重要なことだと思います。

つぎは『アフターサービス』の『ス』です。

 

By , 2012年2月8日

ルームシェア

« ルームシェア |  »

私は体質により日本酒が飲めないのですが、ご飯や雰囲気を楽しむだけでも行く価値ありますよね!
オープン日の夜は大雪でしたが、皆様無事に帰れましたでしょうか?

しりとりは『ル』ということで、『ルームシェア』にいたします。

最近はドラマや漫画でよく見かけるルームシェア。欧米では多く見られる住居形態ですが、なぜ日本ではあまり浸透されないのでしょうか?
日本人の性格上、赤の他人と住むのは向いていないのもあるのですが、ルームシェアを許可できる物件が数少ないことが第一の原因といわれています。大家さん側からしたら同棲も含めて、誰かが欠けたとき家賃が振り込まれないのではないか、他人同士で住んでいたらトラブルがおきるのではないか・・・などなど安定志向を臨む大家からしたら、それなら別のお客さんに貸したいと思うはずです。
ルームシェアには防犯性や初期費用・賃料が抑えられる等メリットもたくさんあります。マナーを守ってきちんと住める人が増えれば、10年後には日本でも当たり前になっているかも知れませんね。

次は『ルームシェア』の『ア』です。

大人のためのシェアハウス案内

By , 2012年2月1日

埋め込み式浴槽

« 埋め込み式浴槽 |  »

逆梁構法は、デザイン性以外にも床が2重になるため、上下階との音が軽減出来るのでマンションにはピッタリかと思うのですが・・・やはり難しいのですかね。

通常お風呂は床からまたいで入る据え置き型が一般的ですが、建築雑誌や高級住宅で見かける床と同じ高さのお風呂は「埋め込み式浴槽」と言うそうです。埋め込み式浴槽はその名の通り、床から埋め込まれたお風呂なので空間に広がりを見せられます。
しかしその為には開口部の位置を低くしたり、洗い場から流れてきたお湯が入らないようにと色々と工夫が必要となります。また、銭湯などは埋め込み式のお風呂がよくあるかと思うので経験したことがあるかと思いますが、入ってみると意外と深かったりと洗い場からの段差が大きくなるため、手すり等を付けてお年寄りや子供でも安全に入れるような配慮が必要です。

つぎは『埋め込み式浴槽』の『う』です。また『う』です。

By , 2011年12月28日

居間

« 居間 |  »

僕も一時期、ユニバーサルデザインにはまりましたね。ユニバーサルデザインの最高傑作は、appleのiPhoneかもしれません。どんな世代でも指先で操作できるんですから。さて、『イ』ということで、『居間』で。

家族が団欒を楽しむ部屋。リビングルームともいう。
実際には、リビングルームで家族がみんなが集まるという家庭は少なくなってきていると思う。でも、やっぱり住まいの中心は居間。一昔前に玄関を開けたら、すぐにリビングがあるという家があった。設計したのは僕の大学の先生。先生曰く、「玄関から見られているので、居間を常をきれいにする」とのこと。 分からなくもないが、そんな居間だと、家族の団欒を楽しむのは難しいかな。

つぎは『居間』の『ま』です。

Living room as of 2008/12
Living room as of 2008/12 / Yasuhiko Ito

By , 2011年11月23日

UD(ユニバーサルデザイン)

« UD(ユニバーサルデザイン) |  »

ハイバックチェアは別名「ラダーバックチェア」。「ラダー」とはハシゴを意味しており、ハシゴを背にするというのは斬新な発想だと思います。
しりとりは『ユ』ということで、『UD』です。読み方はユニバーサルデザインですが、しりとりの都合上「ユーディー」で!

ユニバーサルデザインとは、1975年頃にアメリカの研究者であるロン・メイス によって提案された概念。
UDに似た用語でBF(バリアフリー)があります。BFが対象としているのは、車いすの使用者や視覚・知覚障害者で、身体に障害を持つ方に障害がないデザインのことです。
しかし、UDは障害があるなし関係なく、健常者・お年寄り・子供まど誰にとっても分かりやすく・使いやすい設計をされたデザインを目指しました。
ロン・メイス自身、足に重度の障害があり車いすを使用していました。そういった経験から、バリアフリーの障害を排除するだけで「高い・デザイン性がない」といった問題に直面し、誰にでも使える事を目的したユニバーサルデザインが生まれたと言われています。
現在当たり前になった温水洗浄便座も元は障害者向けで開発されていたが、誰が使っても便利ということで普及されたそうです。

次は『UD』の『イ』です。

Toilet
Toilet / Tezzca

By , 2011年11月15日

温水暖房

« 温水暖房 |  »

安藤忠雄さんについては学生時代よく耳にしました。そういえば、ボクサーになるか建築家になるか迷って結局建築家になったという、ちょっと変わった方ですよね。
しりとりは『お』ですが、『温水暖房』で。

温水暖房は、エアコンやストーブなど局所から暖めるのではなく、全体にまわるような中央式の暖房装置です。
加熱装置で発生させた70~80℃の温かい温水をパイプを通して各室内に送って、放熱器によって温水の熱を放出して暖める方式になっています。
温水暖房といえば、床暖房にはよく温水式を用いられます。一般的な電気式の床暖房と比べると予熱に時間がかかってしまいますが、部屋を均一に暖めることが出来ます。
ちなみに一般的なマンションで電気式床暖房の方が用いられる理由としては、施工法がヒーターパネルを設置するだけなので手軽で安く導入出来るからだと思います。
しかし、今はエコと節電の時代。これからは無駄な電力を使わない温水暖房も増えてくるかも知れないですね。

次は『温水暖房』の『う』です。

By , 2011年9月11日

Staypressed theme by Themocracy