Category: 雑談

一間

« 一間 | 

そうですね。私も建築を学んできましたが、実際にお客様のお部屋を探すとなると教科書に書いてあるような模範的なものだけでないんですよね。それぞれ理想とする住まいは異なる為、それにピッタリあった物件を見つけ出すのは大変な事だけど、とてもやりがいはあると感じております。
しりとりは『い』ということで『一間』。

一間は「いっけん」と読みます。古くから建築の長さの単位として使われてきました。
一間は6尺となりますが、さて1尺ってなんだっけ・・・?1尺をメートル法に直すと約303mm。よって一間をメートル法で表すと1820mmとなりますね。
この1820mm(もしくは半間と呼ばれる3尺=910mm)というのが、現在の建物の基準となっております。畳(横の長さ)やふすま2枚分の長さが1820mmとなっているため、設計図の寸法は1820mm(910mm)間隔で取っていきます。

次は・・・と言いたいところですが、今回のしりとりで『ん』がついてしまった為にこれでおしまいです。

金丸さんにはお忙しい中、約1年間ブログにお付き合い頂き心より感謝致しております。また、毎回画像を挿入して明るいブログにして下さった若菜さん、本当にありがとうございました。

次はどんなブログにしようか検討中ですが、引き続き建築に関われたらいいなと思っております。

Japanese traditional style house / 古今伝授の間(こきんでんじゅのま)
Japanese traditional style house / 古今伝授の間(こきんでんじゅのま) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)

By , 2012年3月27日

豆板

« 豆板 |  »

そういえば金丸さん、最近iPhone4Sに変えたそうですね!スマートフォンは憧れるけど、自分は機械音痴なので手にすることは随分先になるでしょう・・・
えっと、しりとりはスマートフォン・・ではなく、居間の『ま』ですね。久しぶりの施工系で『豆板』にします!

豆板とは、別名:ジャンカとも呼ばれるコンクリートの不良品です。コンクリートの品質・打ち込み・締め固め等が原因で、モルタルと粗骨材が分離し、粗骨材だけ固まったりモルタルが均等に行き渡らない状態をいいます。
この豆板が起こると粗骨材が表面に浮き出るため、外見の悪さだけでなくコンクリートの強度が出なかったり、隙間から空気や水分が入り込み中の鉄筋が錆びる原因ともなります。
以上のことから豆板はコンクリートの天敵であり、工事に関わる全ての方法が原因の1つになりかねないので充分に気を付けなければならないのです。

次は『豆板』の『た』です。

 

Broken window 1
Broken window 1 / crabchick

 

By , 2011年11月30日

ルービックキューブ

« ルービックキューブ |  »

今回はちょっと番外編
ということで、『ルービックキューブ』!意外と建築と全く関係が無いわけではないみたいですよ。

ルービックキューブは言わずと知れた、3×3=9の色が付いた正方形で構成された立体のパズルです。
ばらばらにした6色の色をどれだけ早く揃えられるかを競うのですが、私は揃えられた試しがない!(勝てない勝負は挑まないので)
ちなみにこの6色の色は皆さん言えますか?一応正式に決められているそうですよ。答えは、赤・白・青・緑・黄・オレンジだそうです。
こちらのルービックキューブを発明した人はハンガリーの建築学者であった「ルビク・エルネー」が考案したそうです。ルビク・エルネーはルービックキューブの他にも数々の立体パズルを発明しているそうです。
ルービックキューブの起源は、エルネーがドナウ川の流れを見ていて思いついた三次元幾何学を説明するための「動くモデル」だったそう。
ルビク・エルネーは建築を大学で学んだ後、屋内建築や彫刻などの研究をしていたので、そういった研究の中で身についた立体的な感覚がなければこんな発明は出来なかったのではないでしょうか。

ということで次は『ルービックキューブ』の『ブ』です。

By , 2011年10月9日

建築うんちく・しりとり

建築うんちく・しりとり |  »

建築のことをしりとりでつなげていこう、と思います。
まずは、『しりとり』の『り』。

By , 2011年5月15日

Staypressed theme by Themocracy