束(つか)

 « 束(つか) |  »

皆様あけましておめでとうございます。
当サイトは、目指せ建築用語集ということで毎週水曜日にしりとり形式で更新させて頂いております。
今年ものんびり更新させて頂きますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
しりとりは『つ』ということで『束(つか)』。

木造建築で『束』といいますと、床束・小屋束・吊り束など色々ありますが、全て横架材を支える為に設ける短い柱のことをいいます。
原則的に束は断面9cm角程度で、90cm間隔で配置していきます。
ちなみに床束は1F床の荷重を地面に伝える役割を担い、小屋束は屋根の荷重を梁に伝える役割を担っています。
束は柱と同じく垂直に建てる部材のため倒れたり、ずれないように横架材で固定する必要があります。(床束:根がらみ貫、小屋束:筋かい)

次は『束』の『か』です。

 

束

Weblioより

 
By , 2012年1月18日

内断熱

 « 内断熱 |  »

海外製品の浴槽は、デザインはかっこいいんだけど、実は詳細図面がないことが多く、実際にモノが届いてから、寸法が微妙に合わなかったりして大変なんだよね。さて、『う』ということで、『内断熱』で。

最近では外断熱が主流となっているので、内断熱は肩身が狭い感じかな。木造は柱と柱の間に断熱材を入れるから、内でも外でもない。でも、外壁と躯体の木造の間に空気の層を設けるから、外断熱ともいえる。空気の層は、発泡スチロールのような断熱材よりも熱を伝えにくいので断熱性が高い。日本の木の住まいは、よく考えられているとつくづく思う。

つぎは『内断熱』の『つ』です。

 
By , 2012年1月11日

埋め込み式浴槽

 « 埋め込み式浴槽 |  »

逆梁構法は、デザイン性以外にも床が2重になるため、上下階との音が軽減出来るのでマンションにはピッタリかと思うのですが・・・やはり難しいのですかね。

通常お風呂は床からまたいで入る据え置き型が一般的ですが、建築雑誌や高級住宅で見かける床と同じ高さのお風呂は「埋め込み式浴槽」と言うそうです。埋め込み式浴槽はその名の通り、床から埋め込まれたお風呂なので空間に広がりを見せられます。
しかしその為には開口部の位置を低くしたり、洗い場から流れてきたお湯が入らないようにと色々と工夫が必要となります。また、銭湯などは埋め込み式のお風呂がよくあるかと思うので経験したことがあるかと思いますが、入ってみると意外と深かったりと洗い場からの段差が大きくなるため、手すり等を付けてお年寄りや子供でも安全に入れるような配慮が必要です。

つぎは『埋め込み式浴槽』の『う』です。また『う』です。

 
By , 2011年12月28日

逆梁工法

 « 逆梁工法 |  »

この打ち継ぎというのは、なかなかの曲者で、コンクリートが液体だから、想定通りにはいかないんですよね。現場では結構苦労しました。さて、『打ち継ぎ』の『ぎ』ということで、『逆梁工法』で。

鉄筋コンクリート構造の壁式工法において、通常では天井面から下側に梁があります。梁は構造体ですので、欠損することはできません。よって、天井面いっぱいに開口部をつくることが本来はできません。しかし、この逆梁工法を採用することで、天井面より上側に梁を配置するので、天井面までの開口部をつくることできます。デザイン的にカッコよくて、スッキリとした空間をつくることはできますが、構造計算や現場の段取りはかなり大変な工法です。

つぎは『逆梁工法』の『う』です。

逆梁工法

(株)不動産流通研究所より

 

 
By , 2011年12月21日

打ち継ぎ

 « 打ち継ぎ |  »

学生時代に丹下健三を学んで、実際に見に行ったのは「東京カテドラル」。外観が大変特徴的な建物ですが、中に入ってみるとトップライトから漏れる光の感じがとても印象的でした。
しりとりは丹下健三の『う』ということで『打ち継ぎ』です。

鉄筋コンクリート造は、鉄筋を組んだ後に型枠を組み立てて、その中にコンクリートを打設していきます。
出来る限りコンクリートは一度の打設で完了するのが一番ですが、大規模の建物や急な天候の変化により何回かに分けて行う必要が出て来ます。これをコンクリートの「打ち継ぎ」といいます。
打ち継ぎ部分は、一度硬まったコンクリートに生のコンクリートを打設する為完全な一体化が計りにくいと言われています。[※一体化しない継ぎ目のことをコールドジョイントといいます]
そのため、地震や荷重がかかった時の最大の弱点になるので、打ち継ぎの作業は比較的に加わる力が小さい所で慎重に行わなければなりません。

次は『打ち継ぎ』の『ぎ』です。

打ち継ぎ

 
By , 2011年12月14日

丹下健三

 « 丹下健三 |  »

いやいや機械音痴の人こそ、iPhoneを持ってほしいね。使いやすいから。僕も最近やっとiPhoneを使いこなすようになりました。僕個人のブログ更新は、最近iPhoneでやっています。さて、『た』ということで、『丹下健三』で。

日本の建築家。日本の近代建築の巨匠。
有名な作品は数多くあるけれども、僕の一番好きな建築作品は、代々木体育館。はじめて代々木体育館に入って、あの吊り構造を体験したときは、鳥肌が立った。本当に素晴らしい建築作品。
でも、取り壊させる丹下建築もある。赤坂プリンスホテルもそのひとつ。原因は、廊下の天井高さが低いこと。 それでも、丹下健三の建築作品は数多く残されている。いずれ丹下建築は世界遺産になるだろう。

つぎは『丹下健三』の『う』です。代々木体育館

体育館

 
By , 2011年12月7日

豆板

 « 豆板 |  »

そういえば金丸さん、最近iPhone4Sに変えたそうですね!スマートフォンは憧れるけど、自分は機械音痴なので手にすることは随分先になるでしょう・・・
えっと、しりとりはスマートフォン・・ではなく、居間の『ま』ですね。久しぶりの施工系で『豆板』にします!

豆板とは、別名:ジャンカとも呼ばれるコンクリートの不良品です。コンクリートの品質・打ち込み・締め固め等が原因で、モルタルと粗骨材が分離し、粗骨材だけ固まったりモルタルが均等に行き渡らない状態をいいます。
この豆板が起こると粗骨材が表面に浮き出るため、外見の悪さだけでなくコンクリートの強度が出なかったり、隙間から空気や水分が入り込み中の鉄筋が錆びる原因ともなります。
以上のことから豆板はコンクリートの天敵であり、工事に関わる全ての方法が原因の1つになりかねないので充分に気を付けなければならないのです。

次は『豆板』の『た』です。

 

Broken window 1
Broken window 1 / crabchick

 

 
By , 2011年11月30日

居間

 « 居間 |  »

僕も一時期、ユニバーサルデザインにはまりましたね。ユニバーサルデザインの最高傑作は、appleのiPhoneかもしれません。どんな世代でも指先で操作できるんですから。さて、『イ』ということで、『居間』で。

家族が団欒を楽しむ部屋。リビングルームともいう。
実際には、リビングルームで家族がみんなが集まるという家庭は少なくなってきていると思う。でも、やっぱり住まいの中心は居間。一昔前に玄関を開けたら、すぐにリビングがあるという家があった。設計したのは僕の大学の先生。先生曰く、「玄関から見られているので、居間を常をきれいにする」とのこと。 分からなくもないが、そんな居間だと、家族の団欒を楽しむのは難しいかな。

つぎは『居間』の『ま』です。

Living room as of 2008/12
Living room as of 2008/12 / Yasuhiko Ito

 
By , 2011年11月23日

UD(ユニバーサルデザイン)

 « UD(ユニバーサルデザイン) |  »

ハイバックチェアは別名「ラダーバックチェア」。「ラダー」とはハシゴを意味しており、ハシゴを背にするというのは斬新な発想だと思います。
しりとりは『ユ』ということで、『UD』です。読み方はユニバーサルデザインですが、しりとりの都合上「ユーディー」で!

ユニバーサルデザインとは、1975年頃にアメリカの研究者であるロン・メイス によって提案された概念。
UDに似た用語でBF(バリアフリー)があります。BFが対象としているのは、車いすの使用者や視覚・知覚障害者で、身体に障害を持つ方に障害がないデザインのことです。
しかし、UDは障害があるなし関係なく、健常者・お年寄り・子供まど誰にとっても分かりやすく・使いやすい設計をされたデザインを目指しました。
ロン・メイス自身、足に重度の障害があり車いすを使用していました。そういった経験から、バリアフリーの障害を排除するだけで「高い・デザイン性がない」といった問題に直面し、誰にでも使える事を目的したユニバーサルデザインが生まれたと言われています。
現在当たり前になった温水洗浄便座も元は障害者向けで開発されていたが、誰が使っても便利ということで普及されたそうです。

次は『UD』の『イ』です。

Toilet
Toilet / Tezzca

 
By , 2011年11月15日

チャールズ・レニー・マッキントッシュ

 « チャールズ・レニー・マッキントッシュ |  »

イサム・ノグチの作品は好きですね。特に和紙を使った繊細な照明器具には日本人の心を感じます。さて、『ち』ということで、『チャールズ・レニー・マッキントッシュ』で。

スコットランド建築家。植物の曲線的な美しさを表現したアール・ルーボーを提唱した人のひとり。
建築家だけれども、あまり多くの建築作品を残していない。彼が設計したヒルハウスという建築物に置かれている椅子のほうが彼をもっとも有名にさせたといっても過言ではない。その名も「ハイバックチェア」。背もたれが以上に長い。でも、そのバランスが美しい。大学の美術の授業でハイバックチェアを写生したが、その美しいバランスを書き写すのは至難の業だった思い出があります。

次は『チャールズ・レニー・マッキントッシュ』の『ユ』です。

 
By , 2011年11月11日

Staypressed theme by Themocracy